リスティング広告を使ったアフィリエイトサイトへの集客方法を教えます


アフィリエイトを行っているとリスティング広告(検索連動型広告)という単語を目にする機会が多いかもしれません。リスティング広告とはGoogleなどの検索エンジンを利用した際、検索結果と連動して表示される広告を指します。
今回はそのリスティング広告の説明や、リスティング広告を利用する際の注意事項を紹介します。

リスティング広告(検索連動型広告)とは


リスティング広告は、主にYahooやGoogleなどの検索サイトの検索結果ページに表示されるものです。
これは検索したキーワードに適した広告が連動して表示されるようになっています。
例えば、ユーザーが「健康食品」を検索した場合、「健康食品」というキーワードに入札した広告主のサイトが表示される可能性があります。

リスティング広告のメリット

自分で広告の表示文言を作成できる

状況により臨機応変に誘導文言を修正することができるので、話題・人気のキーワードなどに入札して集客できる可能性があります。アフィリエイトサイトの集客においては、広告主によって入札することができるキーワードが異なるので必ず設定している注意事項を遵守する必要があります。

表示位置などのコントロールが可能

広告の表示位置は、【広告への入札】で細かく調整することができます。
同じキーワードに入札している競合より高い金額で入札したり、品質スコアが優れていれば、競合より上位に掲載されクリックされる可能性も高くなります。
出稿の停止・再開も簡単に行うことができるので、同じキーワードに入札している競合サイトの動向を見つつ、採算に見合った表示位置に調整する必要があります。

代表的なリスティング広告サービス


Google AdWords
Googleが提供するリスティング広告サービスです。
Googleの検索結果ページや、Google パートナーの検索サイト(Livedoorなど)のの検索結果ページに広告を掲載することができます。


Yahoo!プロモーション広告
Yahoo! JAPANが提供するリスティング広告サービスです。
Yahooの検索結果ページに広告を掲載することができます。
また、スポンサードサーチと提携している「Ameba」「excite」などの大手ポータルサイトにも同じリスティング広告が表示されることがあります。

詳しい内容・利用方法に関しては各サービスのwebサイトをご覧ください。

リスティング広告は正しく利用しよう!

アフィリエイト広告の中にはリスティング広告に入札してアフィリエイトサイトへの誘導を禁止しているものや、特定キーワードの入札行為を禁止していているものがあります。
リスティング広告を利用してアフィリエイトサイトへの誘導を始める前に、各広告主のリスティングに関する注意事項・マニュアルに必ず目を通しておきましょう。

リスティング禁止の広告を掲載してはいけない


アフィリエイト広告の中にはリスティングを利用してのアフィリエイトを禁止しているものがあります。
出稿する前に広告のリスティング可否は必ずチェックしましょう。
リスティングの可否が分からない場合は各広告主にお問い合わせください。

リスティングNGの単語を利用しない


リスティングで利用を禁止されている単語の例として、特定の商品名・サービス名・広告主名などが上げられます。
各広告主によって使用できない単語が決められている場合がありますので確認しましょう。
また、公式サイトに類似したサイト名やURLを利用するなどといった、広告主の公式サイトと思わせるような表記も禁止されています。

審査に落とされないための広告作り

Google・Yahoo!などリスティング広告サービスは出稿する為に審査があります。もしも、審査に落とされてしまった場合は各サービスの広告掲載に関するガイドラインを確認しましょう。
GoogleやYahoo!のポリシーを必ず守り、LPと広告を準備してからリスティング出稿を行いましょう。


上記の注意事項をよく読み、正しいリスティングで集客をしましょう!

この記事を書いた人

pen
アフィリエイトに関してはまだまだ未熟な部分が多いですが、勉強しながら学んだことをスマアフィを通して発信していきたいと思っています。よろしくお願いします。
スポンサーリンク