アフィリエイトに最適なWordPressテーマを紹介

アフィリエイト広告を掲載する媒体として利用されることが多いブログ。その中でもWordPressを利用してアフィリエイト活動を行っている方も多いことでしょう。WordPressでは自分のブログに好きなテーマ(テンプレート)を割り当てることができますが、WordPessをご利用の皆さんはちゃんとアフィリエイトに向いたテーマを使用していますでしょうか。アフィリエイトに最適化されたテーマというものがあります。そうしたテーマを使用することによって、大きくアフィリエイトの収入を増やすことも可能です。今回はアフィリエイトに最適なWordPressのテーマを紹介していきます。

WordPress(ワードプレス)

アフィリエイトに最適なテーマを選ぶポイント

まず、アフィリエイト向けのWordPressのテーマを選ぶにあたって重視すべき点を以下に挙げてみました。特に上の3つはWordPressでアフィリエイトを行うならはずしてはいけないポイントとなります。

・カスタマイズしやすい
アフィリエイトで稼ぐには、ブログに様々な仕組みを設ける必要があります。アフィリエイト広告を掲載しやすいなどカスタマイズしやすいテーマを選んでおくと何かと便利です。
・SEOに強い
アフィリエイトで大事なのはどれだけブログに人を集められるかです。最初からSEO対策がなされているテーマを選ぶことで、SEO対策に多くの時間を割く必要がなくなります。
・スマホに対応している
スマホ対応の重要性はどんどん高まってきています。特にスマホアフィリエイトを行うならスマホ対応は必須です。高度な技術を要するレスポンシブ対応などを自分で行わなくて済みます。
・ソーシャルボタンが既に設置済み
ブログへの流入数を増やすのに欠かすことができないソーシャルボタン。こちらも自分で実装するとなるとある程度の知識が必要となります。
・テーマに関する情報が豊富
テーマに関する情報がネット上にたくさん情報があれば、テーマの設定やカスタマイズをする上で大変役に立ちます。
・テーマの最終更新日が最近
更新日が古いと、最新の技術トレンドを採用していなかったり、セキュリティ的に危険であったりします。
・利用料金(無料なのか、有料であればいくらなのか)
WordPressのテーマは無料なものが多いですが、中には有料のものもあります。
・デザインが好きか
長く使っていくことになるので、やはり自分の好みのデザインであることも重要です。

以下はWordPressの公式サイトです。登録されているWordPressのテーマが探せます。上記のポイントを踏まえて自分の目的に最適なテーマを探してみてください。

WordPress › Theme Directory « Free WordPress Themes

スマアフィがオススメするアフィリエイト向けテーマ

アフィリエイトに向いたおすすめのWordPressのテーマを以下にピックアップしました。公式サイトのリンクも紹介しますので、併せてご確認いただき、自分の目的に合ったテーマを見つけてみてください。

Simplicity

スマアフィでも採用しているのがこの「Simplicity」です。テーマ名の通りシンプルな作りとなっており、カスタマイズを自由に行えるというのがこのテーマの特徴でもあります。シンプルではありながら、内部的にはしっかりSEO対策やレスポンシブ対応がなされており、拡散用のソーシャルボタンも実装済みです。収益化のための広告用のウィジェットが用意されているのも嬉しいポイントです。無料です。

Simplicity

Stinger 5、Gush、Principle、Celtis-one

こちらの4つのテーマも上記の「Simplicity」と同じようなコンセプトのもとで開発されているテーマとなっています。初心者向けでカスタマイズしやすい、SEO対策/レスポンシブ対応済み、収益化のための広告用ウィジェットも用意されています。もちろん無料となっています。どれも甲乙つけがたいので、実際にサイトなどをご覧になり、自分に合いそうなものを選んでいただければと思います。

メシオプレス02

上記のテーマとは異なり有料となっていますが、開発に1年6か月をかけたというだけあって、アフィリエイト用の機能がたくさん盛り込まれた高機能なテーマとなっています。アフィリエイトサイトに必要な「パラメータ機能付きランキング表」「簡易ランキング」「◯×比較テーブル」「Gravatar対応吹き出しボックス」「Q&Aパーツ」「レーティングマーク」「特集枠」など豊富な機能が揃っています。プログラミングなどの専門知識を必要とせず使うことができるので初心者の方でも安心です。

メシオプレス02

Reviewgine Affiliate

WordPressの公式テーマにも登録されている海外のアフィリエイト用テーマです。海外のデザイントレンドがふんだんに盛り込まれたテーマとなっており、他のアフィリエイトサイトと差別化を図りたいとお考えの方にはぜひオススメしたいテーマです。上記のテーマのようにSEO対策、レスポンシブ化、広告用ウィジェットも対応済みとなっています。高機能なレビュー機能も搭載されています。無料です。

Reviewgine Affiliate

Twenty Fifteen

WordPressの最新のデフォルトテーマです。こちらは上記のテーマのような「アフィリエイト向け」を前面に押し出したテーマではありませんが、WordPressの最新の技術がいち早く取り込まれており、セキュリティ的にも安心なテーマとなっています。こちらもシンプルな作りとなっているのでカスタマイズもしやすく、テーマに関する情報も豊富なのため、開発志向の方にはオススメです。無料です。

Twenty Fifteen

WordPressテーマのカスタマイズのポイント

テーマを設定したら、さらに自分の目的に合うようにカスタマイズをしてみましょう。今回はテーマのカスタマイズのポイントを簡単に概要だけ説明します。

子テーマ

WordPressのテーマは自作のテーマでない限り直接テーマのソースファイルを編集しないようにしましょう。直接テーマファイルを編集した場合、テーマのアップデート時に全てが新しいファイルに置き換えられ、編集した部分がなくなってしまうことがあります。そこでテーマを編集したい場合は「子テーマ」を使うようにします。子テーマはテーマのアップデートに依存しないため、継続してテーマの編集を行っていけます。

子テーマ – WordPress Codex 日本語版

WordPressプラグイン

WordPressの代名詞とも言えるのが、「WordPressプラグイン」。WordPressプラグインを導入することで、様々な機能を自分のブログに追加していくことができます。WordPressのプラグインは他のCMSと比べても特段に多いのが特徴です。2015年3月現在36,470のプラグインが登録されています。ありとあらゆるものが揃っていると考えて間違いないので、目的に合ったプラグインを探してブログに導入してみましょう。

WordPress › WordPress Plugins

WordPress関数

ここから若干高度になってきます。テーマを自分で作っていない限りなかなか使う機会はないと思いますが、「子テーマ」の中のfunction.phpファイルにPHPのコードを書くことによって、見た目だけでなくサーバーの機能を使って様々な機能を追加することができます。その際によく使うのが「WordPress関数」です。WordPress関数を覚えておけば、簡単にWordPress内の情報を所得できるようになり、コーディングを楽にしてくれます。

関数リファレンス – WordPress Codex 日本語版

ショートコード

こちらも使う機会は限られています。WordPressでは投稿する記事の中にPHPのコードを書くことができません。ただし「ショートコード」を使うことによって記事の中にも動的な処理を入れることができるようになります。ショートコードは、簡単に言うとfunction.phpに書いたPHPの関数のショートカットのようなものです。使うことはなかなかないと思いますが、覚えておけば、いざという時に役に立つと思います。

ショートコード API – WordPress Codex 日本語版

まとめ

今回はアフィリエイト向けのテーマとテーマのカスタマイズのポイントを紹介してきました。今回紹介したテーマはそのまま使っても問題のないくらい完成度の高いものとなっていますが、せっかくWordPressでブログを運用するのであれば、自分仕様にカスタマイズしてより使いやすく、より魅力の多いブログにしていきたいものです。そして、それを簡単に実現できてしまうのがWordPressであったりします。

スマアフィでは、引き続きアフィリエイト活動に役立つWordPressの使い方を紹介していく予定です。

この記事を書いた人

Takanori Maeda
エンジニアやデザイナーだった経験を活かして、スマアフィではアフィリエイトを絡めた技術系の記事をメインに書いています。価格比較サイトでのディレクター経験もあり、アフィリエイトにはなんだかんだで10年以上関わっています。現代音楽の作品で受賞歴もある元ニート作曲家。
スポンサーリンク