アフィリエイトに使えるWordPressプラグイン28選【スマアフィ厳選】

アフィリエイトを行うのであれば、「ぜひWordPressを使っていただきたい」ということで推し進めているこのWordPress記事シリーズ。前回の投稿記事『アフィリエイトに最適なWordPressテーマを紹介』では、これからアフィリエイトをWordPressで始める方向けに「アフィリエイトに最適なWordPressのテーマ」を紹介しました。

今回の記事では、すでにWordPressでアフィリエイトを行っている方向けに、より便利に、より快適にアフィリエイト活動が行えるようになるための「WordPressのプラグイン」を紹介していきます。

WordPress(ワードプレス)ロゴ

WordPressプラグインとは?

WordPressプラグインとは、WordPressの機能を強化するための部品のようなものです。WordPress単体ではできることが限られていますが、WordPressプラグインを使うことで様々な機能をWordPressに手軽に追加していくことができるようになります。2015年4月3日現在37,029もの公式プラグインが登録されており、他のCMSを凌駕するこの膨大な数のプラグインを使えるということがまさにWordPressの大きな魅力となっています。

プラグインはWordPressのダッシュボードから簡単に検索できて導入することができるようになっています。さらに機能の停止や削除などもダッシュボード内で気軽に行えますので、気になったものがあればまずは試してみることをお勧めします。プラグインの管理に関する詳細は以下をご確認ください。

プラグインの管理 – WordPress Codex 日本語版

アフィリエイトで使えるWordPressプラグイン紹介

WordPressプラグインの中には、アフィリエイト活動に役立つものもたくさん含まれています。その中からスマアフィ編集チームがアフィリエイトに使えるWordPressプラグインを厳選しました。

ここでピックアップしたプラグインは、ネット上での情報も多いものとなっていますので、詳細は実際にGoogleなどで検索してお調べください。また、公式サイトに記載(2015年4月3日現在)のプラグインの「レーティング」と「最終更新日」を併記しましたのでプラグインを採用する際の参考にしてください。

以下で紹介するプラグインをご自身のWordPressに導入するにあたり不具合等が生じたといたしましても責任を負いかねますので、必ず事前にバックアップを取るなど自己責任の元で作業を行っていただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

広告を管理するためのWordPressプラグイン

複数のASPや広告プラットフォームを利用してアフィリエイトを行っている場合、大変なのが広告の管理です。プラグインを使うことで、WordPressのダッシュボード内で広告の調整やメンテナンスがまとめて行えるようになります。

Adrotate最終更新日: 2015-4-2
バナー広告やテキスト広告をWordPess内で管理できるようにしてくれるプラグインです。登録したバナーをグループ化しランダムで表示させたり、期限を設けて自動で広告を入れ替え表示させたりすることができます。また表示回数やクリック回数などの統計機能もついています。
Pretty Link Lite最終更新日: 2014-9-5
自分のサイトのドメインで短縮URLを作成できるようにしてくれるプラグインです。広告リンクを短縮URLにしておくとアクセス解析をする際にも大変便利です。nofollowの設定なども行え重宝します。同様の機能を持ったプラグインとして「Affiliate Link Cloaking」というものもあります。
Broken Link Checker最終更新日: 2014-12-18
サイト内に貼った外部サイトへのリンクのリンク切れを自動チェックして通知してくれるプラグインです。すでにプロモーションを終了した広告を貼り続けることによるロスを防いでくれます。
Post Expirator最終更新日: 2014-3-13
記事の公開期限を設定できるようにしてくれるプラグインです。広告のキャンペーン期間に合わせて記事を書く時などに役立ちます。

SEO対策に役立つWordPressプラグイン

WordPressは独自のコミュニティを持っていないため、集客のためにSEO対策は欠かせません。しっかりSEO対策を行い、検索エンジン経由のアクセスを増やしましょう。

Google XML Sitemaps最終更新日: 2014-11-15
Googleにブログ記事が登録されて初めてGoogleで検索されるようになります。サイトマップをGoogleウェブマスターツールにアップロードすることで、Googleにブログ記事の存在を知らせることができます。そのサイトマップを作ってくれるのがこのプラグインです。
All in One SEO Pack最終更新日: 2015-3-24
SEOに役立つ各種設定を行うためのプラグインです。定番のプラグインです。
※下記の「WordPress SEO by Yoast」と競合する恐れがあるため、どちらか一方をインストールしてお使いください。
WordPress SEO by Yoast最終更新日: 2015-4-1
All in One SEO Packと同じく、SEOに役立つ各種設定を行うためのプラグイン。こちらの方が高機能と言われています。
※上記の「All in One SEO Pack」と競合する恐れがあるため、どちらか一方をインストールしてお使いください。
Breadcrumb NavXT最終更新日: 2015-1-10
パンくずリストを設置してくれるプラグインです。サイトの階層をユーザーが把握して移動できるようにするとともに、Googleのクローラーにも同様にサイトの階層を認識させるのに役立ちます。
PuSHPress最終更新日: 2015-1-6
記事の投稿後、いち早くGoogleに登録されるようにしてプッシュ通知を行ってくれるプラグインです。スクレイピング防止にも役立ちます。同様の機能を持ったプラグインとして「PubSubHubbub」というのもあります。特に大きな違いはありません。

ユーザー1人あたりのPVを増やすためのWordPressプラグイン

アフィリエイトで成果を上げるには、できる限り多くのページを見てもらうことも大事です。訪れたユーザーに1ページでも多くの記事を読んでもらえるようにしておきましょう。

WP Social Bookmarking Light最終更新日: 2014-12-21
記事をシェアしてもらうためのソーシャルブックボタンを記事内に設置してくれるプラグインです。対応しているソーシャルボタンは30以上。その中から表示させたいものだけ表示させることができます。
Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)最終更新日: 2014-9-23
表示している記事の関連記事をブログ内にリストで表示してくれるプラグインです。そのページに関心を持ってもらったら、関連のページにも興味を持ってもらえるはずです。しっかりフォローしておきましょう。
WordPress Popular Posts最終更新日: 2014-12-9
ブログの人気記事をブログ内にリストで表示してくれるプラグインです。たくさんのユーザーに支持されているページをアピールすることができます。

スマホ最適化を行うためのWordPressプラグイン

スマホアフィリエイトを行うのであれば、スマホ最適化は必須となります。手間のかかるレスポンシブ対応などもプラグインを使えば簡単に行ってくれます。

WPtouch Mobile Plugin最終更新日: 2015-3-31
WordPressテーマをスマホ最適化してくれるプラグインです。このプラグインを入れるだけで、特に難しいことをしなくて済むところがこのプラグインの人気の理由でもあります。
WPtouch Pro有料版のためデータなし
上記のWPtouchの高機能版(有料)です。
RICG Responsive Images最終更新日: 2015-3-25
レスポンシブ・イメージの仕様策定や普及に努めているRICG(Responsive Images Community Group)が公認したプラグインです。幅に合わせた寸法での表示、Retina対応など画像のレスポンシブ対応を行ってくれます。

パフォーマンスを向上させるWordPressプラグイン

快適なユーザー体験を提供することもアフィリエイトで成果を上げるのに必須な要因となります。パフォーマンスを向上させるには様々な方法がありますが、まずは以下のプラグインからお試しください。

W3 Total Cache最終更新日: 2014-12-10
ページをサーバー側でキャッシュし、高速表示してくれるプラグインです。類似のプラグインもたくさんありますが、人気も評判も高いのがこのプラグインです。
Autoptimize最終更新日: 2015-1-24
HTML/CSS/JSファイルの圧縮、結合、最適化を行ってくれるプラグインです。このプラグインを実行するだけで、かなりのパフォーマンスの向上が望めるおすすめのプラグインです。
BJ Lazy Load最終更新日: 2014-10-14
画像を遅延ロードしてくれるプラグインです。画像が画面内にスクロールされた時に始めてロードして表示されるようにすることで、モバイル回線でもストレスなくページを表示させられるようになります。
EWWW Image Optimizer最終更新日: 2015-1-10
画像を見た目をほとんど変えずに圧縮してアップロードしてくれるプラグインです。すでにアップロード済みの画像にも適用可能です。画像を多く使っている場合は、かなりの効果が得られます。
WP Smush.it最終更新日: 2015-3-20
上記のEwww Image Optimizerと同じく画像を最適化・可逆圧縮してくれるプラグインです。Smush.itは米Yahoo!の開発しているサービスで信頼性も高いですが、外部APIを使用しているため、このプラグイン自体のパフォーマンスがあまりよくないとも言われています。

セキュリティを強化するためのWordPressプラグイン

セキュリティにも十分気を使う必要があります。お金が絡んでくるアフィリエイトを行っているサイトであればなおさらです。以下のプラグインを入れてセキュリティを強化しましょう。

Theme Authenticity Checker (TAC)最終更新日: 2014-5-3
現在使っているテーマを含め登録しているテーマの安全性をチェックしてくれるプラグインです。
Acunetix Secure WordPress最終更新日: 2014-11-3
WordPressのバージョンや使用しているプラグインを隠蔽して、それらの脆弱性をついた攻撃を防いでくれるプラグインです。
Limit Login Attempts最終更新日: 2012-6-1
ログインに複数回失敗すると一定時間ログインをブロックし不正ログインを防いでくれるプラグインです。

WordPressを快適に使うためのWordPressプラグイン

直接アフィリエイトには関係ないプラグインですが、これらのプラグインを入れておくと便利に、そして快適にWordPressを使えるようにしてくれます。サイト統計情報機能など大変便利で重宝します。

Multi Plugin Installer最終更新日: 2015-1-8
一度に複数のWordPressプラグインをインストールしてくれるプラグインです。今回の記事に掲載のプラグインでインストールしたいものが複数あった場合はきっと役に立つと思いますので、ぜひお使いください。
Jetpack by WordPress.com最終更新日: 2015-3-19
ホスティングサービスのWordPress.comで提供されている30以上の多様な機能をインストール型のWordPressでも使えるようにしてくれるプラグインです。
Revive Old Post (Former Tweet Old Post)最終更新日: 2015-3-28
TAFacebook、Twitter、LinkedInに過去の記事をランダム投稿してくれるプラグインです。
Favicon by RealFaviconGenerator最終更新日: 2015-4-1
デスクトップやスマートフォンなどすべてのデバイスに対応した「Favicon」を簡単に作って設置してくれるプラグインです。
Search Meter最終更新日: 2012-9-5
ブログに設置している「検索ボックス」でどんなキーワードが検索されているか日、週、月ごとに集計してくれるプラグインです。2年以上更新はされていませんが、人気の高いプラグインです。

WordPressプラグインページの見方

上記のプラグイン名をクリックすると、以下のようなプラグインの紹介ページに飛びます。プラグインページには、そのプラグインに関する詳細な情報が書かれています。英語の場合がほとんどですが、ざっと目を通しておきたいところです。どこにどのような情報が書かれているか簡単に説明しておきます。

WordPressプラグインページ
  1. プラグイン名: 登録されているプラグイン名です。
  2. プラグインの概要: プラグインの簡単な説明です。
  3. プラグインのダウンロードボタン: ボタンを押すとプラグインのダウンロードが開始されます。(ダウンロードはダッシュボード内からも行えます。)
  4. プラグインの各種説明: それぞれのタブをクリックすると以下の情報が確認できます。
    • Description: ここではプラグインの使い方など詳細情報が確認できます。
    • Instration: ここではプラグインのインストール方法が確認できます。
    • FAQ: ここではプラグインに関するFAQが確認できます。
    • Screenshots: ここではプラグインを導入した際の画面のスクリーンショットが確認できます。
    • Stats: ここではプラグインに関するデーターが確認できます。
    • Supprt: ここではプラグインのお知らせなどサポートが情報が確認できます。
    • Reviews: ここではプラグインを使用したユーザーによるレビューが確認できます。
    • Develpers: ここでは開発者向けの情報の確認や旧バージョンのダウンロードなどが行えます。
  5. WordPressプラグインの各種メタ情報: プラグインに関する情報です。
    • Requires: WordPressの必須バージョン
    • Compatible up to: 対応する最新バージョン
    • Last Updated: 最終更新日
    • Active Installs: ダウンロード回数

WordPressプラグインを自作する

最後に、ここでは詳しく書きませんが、少しだけ触れておきます。WordPressプラグインは膨大な数の登録がありますが、機能が不十分だったり、目的のものが見つからない場合もあります。そのような場合はWordPressプラグインを自作するという選択肢もあります。開発経験のある方などは、以下のページなどを参考にして、プラグインの開発にもトライしてみることをお勧めします。

プラグインの作成 – WordPress Codex 日本語版
WordPressプラグイン開発 超入門 – slideshare

まとめ

WordPressの良い所は、今回紹介してきたようにWordPressプラグインを導入して、自分で好きなように機能を追加できる所だと思っています。WordPress運営者はそれぞれ自分の目的に合ったプラグインを使用してブログをカスタマイズしているので、同じテーマを使っているブログにアクセスしても、まったく同じようなブログに見えることは少ないはずです。

今回紹介してきたWordPressプラグインは、どれもアフィリエイト活動を行う上で力を発揮するものとなっています。一見アフィリエイトには関係ないように思われるパフォーマンスやセキュリティに関するプラグインも紹介してきましたが、訪問してくれたユーザーに快適さや安心感を提供することもアフィリエイトで成功するための要因のひとつとなります。

たくさんのプラグインを紹介してきたので、気になったものもあることと思います。そうしたものは自分のブログに取り入れて、アフィリエイト広告での収益が出やすくなるように工夫を凝らしてみてください。

スマアフィでは、引き続きアフィリエイト活動に役立つWordPressの使い方を紹介していく予定です。

参考サイト

今回WordPressプラグインをピックアップするために参考にしたサイトです。ここで紹介していないプラグインもありますので、興味がありましたらぜひ目をお通しください。

この記事を書いた人

Takanori Maeda
エンジニアやデザイナーだった経験を活かして、スマアフィではアフィリエイトを絡めた技術系の記事をメインに書いています。価格比較サイトでのディレクター経験もあり、アフィリエイトにはなんだかんだで10年以上関わっています。現代音楽の作品で受賞歴もある元ニート作曲家。
スポンサーリンク