アフィリエイターの気持ちは一方通行?広告主との付き合い方

ec_communication

広告主とコミュニケーションを取る方法

アフィリエイターは、広告主と直接連絡を取り合うことはできません。
メディア担当とも呼ばれるASPのコンサルティング担当者が、アフィリエイターと広告主を仲介し、サポートしています。

担当がいると広告主と成果報酬金額の交渉をしてもらったり、売れている商品の情報など、広告掲載に有利な情報をもらうことができるので、とにかくASPの担当者と繋がりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、メディアを担当できる人員も限りがあるため、ASPの担当者は、一定の条件を満たすアフィリエイターを探し、連絡をとっているようです。

Moba8.netのメディア担当に、アフィリエイターへ連絡をとったケースを聞いてみました

「売上を伸ばしている」
「複数のプログラムでコンスタントに成果を出してる」
「プログラム提携の条件が複雑だからきちんと説明したい」
「報酬単価についての相談を受け付けたい」
「とにかくコミュニケーションの窓口を広げたい」

理由は様々ですが、すぐに広告掲載が可能なサイトやブログなどの媒体を運営していることは大前提。
さらに担当者と繋がるためには、獲得手法や稼ぐためのノウハウを持っている『有力アフィリエイター』となる必要がありそうです。

そもそも、売上が上がらないから情報が欲しいのだけれど……

ec_communication_1

配信されるメールが多すぎて読んでいない、そんな人はいませんか?

提携した広告主から届くニュース配信の中にも、売上に繋がるヒントがいっぱい!!
担当がついていないアフィリエイターにとって、メールは大切な、広告主の生の声を知ることができる手段です。

また、ASP管理画面のプログラム詳細文や露出枠に連絡先や条件が明記されている場合があります。
成果を伸ばすためのヒントも記載されているケースが多く、内容の更新もされているので、是非ご熟読ください。

誰でも手に入る情報でも、活用している人は売上へ繋げています!上手に情報を集めてくださいね!

この記事を書いた人

Moba8.netスタッフ
スマアフィを運営している「Moba8.net」のスタッフです。Moba8.netはスマートフォン広告に強いアフィリエイトサービスです。このスマアフィでは、Moba8.netの最新情報や新機能情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク